昭和25年 3月松本市が定員5名の「乳児預り所」を開設
昭和27年 1月松本市北馬場に定員20名の「松本市乳児院」開設
昭和29年 4月日本赤十字社が経営受託し、児童福祉法による定員20名の「松本赤十字乳児院」となる。
(長野県公保児第22号)
   〃  10月日本赤十字社名誉副総裁秩父宮妃殿下御来院
昭和32年 8月日本赤十字社名誉副総裁高松宮妃殿下御来院
昭和41年 3月松本市渚の救護施設柴明寮を増改築して移転
昭和53年11月松本市岡田(現在地)に新築移転
   〃育児相談(赤ちゃん110番)開始
昭和58年10月松本赤十字乳幼児育児相談センター竣工
平成 4年 4月マタニティ教室開始
    〃  8月ふれあい体験事業開始
    〃 10月サンルーム増築
平成 7年 4月外国人ママの日本語教室開校
平成 8年 4月ショートステイ開始
平成16年 5月松本赤十字乳児院50周年記念行事を開催
平成23年 2月小規模グループケアをスタート
平成23年 4月被虐待児等個別対応職員を配置
[管理]
CGI-design